Archive for the ‘dbms’ Category

SunのMySQL買収

Friday, January 18th, 2008


本日 (116) サン・マイクロシステムズ (Sun Microsystems) は、MySQL10億ドルで買収することを発表した。業界ではMySQLは、近々、株式公開するとの見方が有力であった。レッドハット (Red Hat) と同様に、上場し独立会社として事業を拡大する道を選ぶと予想されていた。しかし、この予想に反して、サン・マイクロシステムズ配下で、オープンソース事業を展開するオプションを選んだ。

 

MySQLの位置付け

サン・マイクロシステムズのCEO兼社長である、ジョナサン・シュワルツ (Jonathan Schwartz) はブログ[1]で、MySQLを買収する背景についての説明している。シュワルツは、MySQLの市場におけるポジションを次のように分析している。新興企業のCIOは、会社のITシステムを構築する際に、「無償オープンソース以外のソフトウェアの導入を禁止」している。一方で、大企業のCIOは、「有償保守サポートが提供されないソフトウェアの導入を禁止」している。

 

つまり、MySQLは市場で「ユニークな位置」に置かれており、新興企業の多くはコスト面を重視し、オープンソースであるMySQLを採用している。このような背景で、MySQLは巨大な市場を形成しており、過去10年間余りで1億回のダウンロードが行われ、名実ともに世界で一番人気のあるデータベースとなった。その一方で、一般企業は、オープンソースの導入は奨励しているものの、その保守サポートに懸念を抱いている。導入費用を抑えることができるのはいいとしても、その信頼性や問題が発生したときの対応で大きな不安を抱いている。

 

g071a_mysql.jpg

Jonathan Schwartzはブログの中で、買収の目的は、MySQLのシンボルであるイルカが高く飛べるように、Sun Microsystemsが手助けをすることであると述べている。 (出展: Jonathan’s Blog)

 

MySQL買収の目的

このような背景から、シュワルツはMySQL買収の目的を、「サン・マイクロシステムズがフォーチュン500企業として、グローバルな市場で、ミッション・クリティカルな保守サポートを提供」するためとしている。つまり、一般企業がオープンソースを導入する際に最大の問題となる、ソフトウェアで問題が発生したときに、誰が責任を持って対応するのかという疑問に、サン・マイクロシステムズは、オープンソース企業を買収することで応えている。

 

また、シュワルツはMySQLをサン・マイクロシステムズの製品向けに改良してきたことを明らかにしている。例えば、DTraceというトラブル・シューティングのためのソフトウェア・ツールは、Solaris 10に搭載されているが、DTraceMySQLや関連ソフトウェアで正常に稼動するように改良している。つまり、MySQLがサン・マイクロシステムズの最新技術を活用して、高性能で稼動できるように改善している。これにより、サン・マイクロシステムズは、他社製品との差別ができ、サン・マイクロシステムズのサーバー拡販につながることを目標にしている。

 

サン・マイクロシステムズとオープンソース

サン・マイクロシステムズはユニックス・サーバーで事業を拡大し、インターネット・ブームに乗り、「The Network is the Computer (ネットワークがコンピューターを形成する) という有名なキャッチコピーで、急成長を遂げた。しかし、バブル崩壊後はチープ革命のあおりを受けて事業は急速に悪化したが、サン・マイクロシステムズの創業者であるスコット・マクニーリ (Scott McNealy) は路線の変更を行わず、毎年大規模な赤字を計上し続けた。

 

シュワルツがCEOに就任してから、サン・マイクロシステムズは、急速にオープン・システムに路線を変更した。最大のイベントはJavaSolarisをオープンソースとしたことである。これ以前にも、サン・マイクロシステムズは、オープンソースへの投資を行い、オープンオフィス (OpenOffice) や、ネットビーンズ (NetBeans) を世に出している。この背景には、シュワルツはマクニーリとは異なり、ウェブを中心とする社会では、ハードウェア事業よりオープンソースを素材とするシステム事業にビジネス・チャンスを見出している。それを象徴する事例としてSun Fire X4500 がある。Sun Fire X4500はオープンソースで構成された業界初のストレージ・サーバーで、価格性能比を武器に市場を広げている。ハードウェア製品にオープンソースを取り入れるなど、オープンソースでの事業構築が顕著になってきた。

 

MySQLの目論見

この買収の最大の疑問は、なぜMySQLは自立の道を捨てて、サン・マイクロシステムズ配下に入ることを選んだのかである。かつてオラクルがMySQLを買収しようとした際には、会社もコミュニティーも全力でこれを阻止した。しかし今回は様子が異なり、サン・マイクロシステムズの一部門として、事業を拡大する道を選んだ。その背後には、サン・マイクロシステムズは、オープンソースの牽引車としての評価が定着し、事業を拡大する上で好都合な器であるとの判断が働いたものと思われる。一方で、サン・マイクロシステムズという色のついたMySQLを、今後市場がどう受け止めるか、また、データベース・サーバーとして、いかに中立性を守るかが今後の課題となる。

 

トレンド

MySQLのほかにも、今年株式公開が噂されているオープンソース企業に、イングレス (Ingres) がある。MySQLと同じデータベース企業で、業績が好調である。他に、SugarCRMも業績が好調で、株式公開が噂されている。オープンソース企業の殆どがベンチャー企業で、斬新な技術を提供するものの、ニッチな市場で事業を展開してきた。これらベンチャー企業が成長を遂げイグジットの段階に入ってきた。リナックスが通過した経路を、今年は、ミドルウェアやアプリケーションのオープンソース企業が進行中である。




[1] Helping Dolphins Fly, Jonathan’s Blog, 1/16/2008, http://blogs.sun.com/jonathan/entry/winds_of_change_are_blowing