バーチャルリアリティはゲームから映画に進化!Zuckerbergの構想が形となる

バーチャルリアリティー (VR) 映画の製作が始まった。VR端末で360度全方向の3D画像を体験できる。体を捻れば、後ろの映像が見える。VR端末はゲームだけでなく、映画でも威力を発揮する。映像メディアがVRに進化している。

g386_jaunt_01

Zuckerbergのビジョン

ゴーグル型VR端末を開発しているOculus VRは、新世代のゲーム機として、急速に普及する勢いをみせている。Facebookが同社を買収した際に、CEOのMark Zuckerbergは、「VRは次世代のコミュニケーション媒体」と述べている。自宅にいながら世界を体験できるという意味である。Zuckerbergのこのビジョンが形を成してきた。

シリコンバレーのベンチャーがVR映画の製作を始めたのだ。これはJauntという企業で、VR映画製作のためのカメラ (上の写真) やソフトウェアを開発。視聴者は「Oculus Rift」などVR端末を着装して映画を楽しむ。VR映画は360度全方向に3D画像を映し出し、視線を変えるとその方向の画像を見ることができる。この方式は、「360/3D VR」と呼ばれている。

g386_jaunt_02

VR映画撮影カメラ

VR映画制作のためのカメラはJauntカメラと呼ばれる。先頭の写真は開発中のもので、上の写真が現行モデル。現行モデルは14台のGoProカメラを搭載し、HD (1080p) で毎秒60フレーム撮影。カメラは市販製品であるが、Jauntの技術はソフトウエアにある。撮影された映像をソフトウェアで繋ぎ合わせて、一つの画像とする。具体的には、14のイメージを繋ぎ合わせ、一つの360/3D VRイメージを生成。このため、色調、ホワイトバランス、レンズの歪みなどを補正する。1秒のイメージを生成するために20秒かかる。

g386_jaunt_03

VR映画で何を表現するか

Jauntは既にVR映画製作に乗り出している。同社は映画プロダクション「New Deal Studios」と共同で、第二次世界大戦を舞台とした映画「The Mission」を制作中。アメリカ軍の落下傘部隊がロシアで敵地に降下し、ドイツ軍に囚われるというストーリー。撮影ではJauntカメラが使われ、落下傘にも搭載して撮影された (上の写真)。観客は敵地内での戦闘を360度のアングルで見ることができる。振り返ると、背後にはドイツ軍が迫り、現実と仮想の垣根が低くなる。オーディオも360度で再生され、顔を向けた方から音が聞こえる。

g386_jaunt_04

Jauntはミュージックビデオでも威力を発揮する。8月14日、 Paul McCartneyのコンサートがサンフランシスコのCandlestick Parkで行われた。ビートルズが48年前、コンサートを行った会場である。コンサートの模様はJauntカメラで撮影された (上の写真)。ステージに複数のJauntカメラを設置してバンドの演奏を撮影。このビデオでは、視聴者がステージ上で、360度の視野でコンサートを楽しめる。ビデオはまだ公開されていないが、隣でポールがギターを弾き、視線を移せば熱狂した観客のリアクションを見れるのかもしれない。

Cinemtic VRがキーワード

CEOのJens ChristensenはJauntの戦略を明らかにし、「Cinematic VR」がビジネスチャンスと述べている。Cinematic VRとは、映像を360/3D VRで表現する手法を示す。Christensenが注目している分野は、上述の映画と音楽に加え、スポーツ、旅行、ニュースである。スポーツでは試合を360/3D VRイメージで中継し、視聴者は応援しているチームの中で観戦できる。

g386_jaunt_05

観光では、自宅にいながら世界旅行ができる。世界遺産を360/3D VRイメージで体験し、あたかもその場所にいるような仮想旅行ができる。上の写真は観光地をJauntカメラで撮影している様子。ニュースでは事件の最前線に立つことができる。シリアでの戦闘の激しさを実感できるのかもしれない。

g386_jaunt_06

VR端末の急速な普及

Jauntで製作されたコンテンツはVR端末で楽しむ (上の写真)。このため、Jauntはコンテンツ再生のソフトウェアを開発している。JauntはVR端末サポート対象機種については明らかにしていないが、Oculus RiftやSony Project Morpheusなどがリストに入ると思われる。また、JauntはSamsungとGear VR向けに、コンテンツを共同開発している。Gear VRとはSamsungがOculus VRと開発したVR端末で、SamsungはVR技術に集中的に投資している。JauntはiPad向けにもコンテンツを供給する。この場合、iPadを移動すると、その方向の映像を見ることができる。FacebookのOculus VR買収で、消費者のVRへの関心が高まり、VR端末の普及が急速に進むとみられている。

g386_jaunt_07

上の写真はNASAで行われた、SpaceX打ち上げ成功を記念するイベント。Jauntは打ち上げを支えた技術を360/3D VRで捉えている。

VR映画特有の課題もある

一方、VR映画特有の検討課題も見えてきた。VR映画は360度全方向を撮影するため、撮影クルーはカメラに映らないよう、隠れている必要がある。撮影現場でのスタッフ配置など、撮影手順が大きく変わる。観客は360度の映像を楽しめるが、どこでストーリーが展開しているかを掴む必要がある。観客は何処を向けばいいのか、切っ掛けを示す工夫が必要となり、映画製作の手法も大きく変わる。更に、カメラを移動すると「VR Sickness」 (VR酔い) になるため、カメラの位置を固定してストーリーを展開する工夫も必要となる。新しいメディアには新しい検討課題も出てくる。

メディア企業の期待を背負っている

Jauntは2013年にJens Christensenなどが設立し、イギリス大手放送事業者BSkyBから出資を受けた。その後、Google Venturesなど主要ベンチャーキャピタルが投資。アドバイザーにはGoogle Glass開発者のBabak Parvizが入っている。Dolby会長Peter GotcherやSling Media創設者Blake Krikorianなど、メディア関係者が投資に加わっている。メディア企業から将来性を期待されていることが窺える。また、Christensenは、ハリウッドの映画プロダクションが興味を示していると述べ、共同で映画制作を進めることを示唆している。Zuckerbergのビジョンが示している通り、消費者のエクスペリエンスがVRに向い、メディアの役割が大きく変わろうとしている。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.