日本生まれのおサイフケータイが米国で急成長!Googleは「Android Pay」で再挑戦

米国でおサイフケータイ技術の進化が止まらない。Apple Payがこのブームに火をつけ、Googleが「Android Pay」でこれを追う。Android Payは一見するとApple Payのコピーに見えるが、アーキテクチャーは全く異なる。Google Walletで挫折を味わったGoogleだが、Android Payでリベンジを狙う。日本で誕生したおサイフケータイだが、米国で大きく成長し、日本市場をうかがう勢いだ。

g414_android_pay_defined_01

Google版おサイフケータイ

Googleは2015年5月、開発者会議Google I/Oで「Android Pay」を発表した。これはGoogle版おサイフケータイで、Apple Payに匹敵する機能を備える。カード決済機能だけでなく、会員カードと連携するとポイントが貯まる (上の写真左側)。また、アプリ内での決済機能もある (同右側)。従来のGoogle Walletは、おサイフケータイ機能を抜き、ピアツーピア支払い (個人間での送金) サービスとして位置づける。これにより、Android PayとApple Payが正面から衝突する。

g414_android_pay_defined_02

Android Payの特徴

Android Payの使い方はApple Payと同じで、スマホをカードリーダーにかざすと、Android Payが立ち上がる。メッセージに従ってPINを入力するだけで処理が完了する。スマホをパワーオンしたり、Android Payを立ち上げる必要はない。別のアプリを使っている時でも、スマホをかざしてAndroid Payを利用できる (上の写真)。次期基本ソフトAndroid Mから指紋認証機能が導入され、Apple Payのように指を当てて認証を受ける。

g414_android_pay_defined_03

会員カードと連携

Android Payは会員カードと連動し、買い物をすると自動でポイントがたまる。これはApple Payには無かったが、先週のWWDCで、同等機能を搭載することを表明した。上の写真がその事例で、自動販売機でコカ・コーラを買うと、会員カード「MyCokeRewards」にポイントが貯まったことを示している。コカ・コーラを10本買うと1本無料でもらえる。貯まったポイント数はスマホのMyCokeRewardsアプリで確認できる。Android Payでは、会員カードを使ったマーケティングが、Googleの大きな収益源になると予想される。

g414_android_pay_defined_04

アプリ内決済

Android Payはアプリ内での決済にも対応している。アプリで買い物をした際に、「Buy with Android Pay」ボタンにタッチして決済する。上の写真はレストラン出前サービス「GrubHub」でハンバーガーを注文したところで、最下段のボタンにタッチするだけで支払いが完了する。1000以上のアプリがAndroid Payに対応している。

g414_android_pay_defined_05

Android Payの実装方式

Android Payはアプリとして提供され (上の写真、中央部のアイコン)、Google Playからダウンロードして利用する。対応している基本ソフトはAndroid 4.4 (KitKat) 以降のバージョン。主要キャリア (Verizon、AT&T、T-Mobile) が販売するスマホにはAndroid Payがプレロードされる。更に、店舗で購入する際は、専門スタッフが利用者に代わり、カードを初期設定する。

Google Wallet (初代おサイフケータイ) は、上述キャリア三社のサービス「Softcard」と激しく競合した。いまでは、GoogleがSoftcardを買収し、キャリア三社は一転して、Android Pay事業を支援する。この変わり身の速さにも驚かされる。

Android Payを使える店が増える

Android Payは全米の主要ストアー70万店で利用できる。米国では大規模なカード盗用事件が相次いだ。オバマ政権はカード会社に対し、2015年10月までに、EMVカード (ICカード) にアップグレードするよう指導している。小売店舗では、これに対応して、NFC (近距離無線通信) 機能も搭載したリーダーの設置が急ピッチで進んでいる。設置期限である10月までに、Android Payを利用できる店舗が急増する。

g414_android_pay_defined_06

三階層のアーキテクチャー

Android PayはApple Payのコピーのように見えるが、アーキテクチャーは全く異なる。Android PayはOSの機能として位置づけられ、三階層の構造をしている。リーダーとの交信はNFCがつかさどる。カード番号はデバイスに固有な番号に置き代えられ、暗号化して送信される。これは「Tokenization」と呼ばれ、カード情報盗用を防ぐことができ、安全性が大幅に向上した。ここまでがGoogleとAppleに共通した機能である。

カード情報をクラウドに格納

異なる点は、Android Payはカード情報をスマホではなくクラウドに格納する。Apple Payなど現行のおサイフケータイは、カード情報をSecure Element (SIMカードなどのハードウェア領域) に保存するが、Googleはクラウドに格納する方式を選択した。この方式は「Host Card Emulation」と呼ばれ、Secure Elementをクラウド上に構築する。カード情報をクラウドに保存しておき、決済処理の際にカード情報をクラウドからスマホに送信して利用する。このため、Android Pay使用時にはスマホはオンラインである必要がある。

おサイフケータイのプラットフォーム

これら基本機能を「Android Pay API」で提供する。Android PayアプリがこのAPIを使うだけでなく、パートナー企業が開発するアプリもAPIを使いおサイフケータイ・アプリを開発できる。Googleは自社のおサイフケータイ事業の成功だけでなく、このプラットフォームでフィンテック・イノベーションが生まれることを期待している。

手数料問題

上述のTokenizationという手法はApple Payで採用され、今ではMasterCardなどカード会社が標準化して、Googleなどに提供している。カード会社は決済処理の安全性を高めるため、Tokenization機能を無料で提供する。その見返りに、Googleに対しAndroid Payでカード発行銀行から手数料を取らないことを求めたとされる。GoogleはAndroid Payで決済手数料を手に入れそこなったことになる。一方、Apple Payはカード発行銀行から手数料を徴収しており、上述ルールと異なる運用となる。このため、MasterCardなどは、Appleに対しても同様な取り決めを求めていくとしている。

g414_android_pay_defined_07

顔パスで決済

Googleは秘密裏に、新しい決済技術を開発している。これは「Hands Free」と呼ばれ、文字通り、スマホを使わないで”顔パス”で支払いする方式だ。支払いをする際に、レジの前で「I would like to pay with Google」というだけで、決済が完了する。カードやスマホを取り出す必要はなく、赤ちゃんを抱えたお母さんにとって大変便利 (上の写真)。Hands Freeの仕組みは公表されおらず、謎が深まり話題となっている。GoogleはHands Freeをサンフランシスコ地区のMcDonnellとPapa Jonesで、今年から限定的に試験を開始する。

今度は成功するとの見方

おサイフケータイと無縁であった米国社会は、Apple Payの登場でその安全性と便利さにショックを受けた。Apple Payは米国からカナダや英国に広がり、中国ではAlibabaと交渉しているとされる。Apple Payが世界規模で広がる勢いを示している。この追い風のなか、Android Payが登場した。大苦戦したGoogle Walletであるが、Android Payは事業環境が整いつつある。市場の前評判は上々で、Android Payが一気に拡大する可能性を秘めている。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.