Google Xで生まれた数々のプロジェクト、成功と失敗の理由に企業が生き延びるヒントがある

Google研究機関「Google X」は概要が明らかにされることは無く、謎に包まれた組織である。サンフランシスコで開催された開発者会議Google I/Oで、GoogleはGoogle Xの狙いやイノベーションを生み出す仕組みを解説した。なぜ自動運転技術が生まれ、ハンドルの無い自動車を作るのか、開発思想を明らかにした。IT企業が新技術を開発する時に、また、個人が難問に挑戦する際に、参考となる情報が含まれている。

g415_google_x_review_01

Moonshot Factoryとは

Google X責任者Astro Tellerが、組織概要や開発中のプロジェクトを明らかにした (上の写真)。一連の講演はYouTubeで公開されている。Google Xは5年前に誕生した。Google Xは研究所と解釈されるが、実態はそうではない。新技術を生み出すインキュベーターでもないし、Google製品を開発するビジネスユニットでもない。Google Xは「Moonshot Factory」として誕生した。

Moonshotとは月着陸ロケット打ち上げという意味で、Kennedy大統領の演説で使われた。いまでは壮大なチャレンジを表す時に使われる。Googleは壮大なチャレンジを、性能や機能が10倍良くなることと定義する。これを達成するためには、既存の土台からスタートするのではなく、根本的に異なるアプローチが必要となる。次に、Factoryとは目に見える形で製品を開発することを意味する。机上の理論ではなく、プロトタイプに仕上げることを意味する。両者を繋ぎ合わせると、Moonshot Factoryは「革新的プロトタイプ製造工場」となる。

g415_google_x_review_02

Google X設立趣旨

自動運転車の開発がGoogle X誕生の切っ掛けとなった。検索企業が自動車開発に乗り出した理由は、Google X設立趣旨ともいえるブループリントから読み取れる。Google Xが手掛ける領域は三つの要素から構成される (上の写真)。Google Xは、大規模な問題 (Huge Problem) を解決するため、革新的なソリューション (Radical Solution) を開発する。開発では飛躍的進歩が期待できる技術を (Breakthrough Technology) 採用する。

自動運転車開発の切っ掛け

自動運転車開発では、大規模な問題とは、交通事故で毎年130万人が亡くなることを指す。革新的ソリューションとは人間に代わり運転する自動車で、交通事項を減らすことを目指す。飛躍的進歩が期待できる技術とは、DARPA (米国国防高等研究計画局) が主催した自動運転技術コンテスト「Grand Challenge」で開発された技術を指す。具体的には、改良が進んだセンサーやソフトウェア技術となる。LIDAR (レーザーセンサー) と人工知能を組み合わせると、「いけそうだ」という手ごたえを感じ、自動運転車の開発が始まった。プロジェクトの選定はビジネスの観点からも審査される。当然であるが、Googleが事業化すると大きなリターンが見込まれるプロジェクトを選ぶ。

g415_google_x_review_03

当初の自動運転車はドライバーのアシスト

自動運転車の開発が始まったが、当初は完全自動化を目指してはいなかった。ドライバー運転支援の目的で自動運転技術を開発した。プロジェクトを始めた時、実社会で起こり得る問題1万点を列挙した。自動運転車はMachine Learningの技法を実装し、実社会で遭遇する問題を学ぶ。2012年の暮れには、これら問題を学習し、プロジェクトは完了した (上の写真)。

完成した自動運転車は社員に貸し出され、通勤で利用させた。あくまでドライバーが運転責任を負うので、常に前方を注視しておく必要がある。しかし、後でモニターを確認すると、ドライバーはスマホを操作したり、スナックを食べたりで、注意が散漫になっていることを発見した。非常時に、ドライバーが自動車を制御することは不可能と結論付けた。

g415_google_x_review_04

100%完全な自動運転車に向う

これが切っ掛けとなり、完全自動運転車の開発に舵を切った。そのため、ハンドル、アクセル、ブレーキの無いデザインにたどり着いた (上の写真)。自動運転車の性能は良く、毎週Mountain Viewを1万マイル走行しても、問題は起こらない。エンジニアにとっては学習する機会が無いことを意味する。

そこで、開発チームは、テストコースで問題を人為的に起こし、自動運転車を試験した。例えば、自転車が道路交通法に違反し、反対車線を走るケースや、クルマの前に急に人が飛び出すケースなどが検証された。更に、路上で起こり得る様々な事象を学習させるため、ハロウィンのマントを着てクルマの前を横切るなど、人間と分かりにくい状況で試験された。また、停止している自動運転車の周りで子供たちが遊び、センサーがそれを観察し、子供の挙動を学習する試みもなされた。2年半の開発を経て、今年の夏からはシリコンバレーの市街地で路上試験を実施する。

ドローン開発は難航

Googleは空の自動運転車ともいえるドローンを開発している。これは「Project Wing」と呼ばれ、メディアの注目を集めているが、開発は紆余曲折した。Googleは、大規模なドローン輸送ネットワークに挑戦する前に、自動体外式除細動器 (defibrillator、ADE) を緊急輸送することを目指した。心臓発作が起こると、施設に設置されているADEを探し、患者に適用する。しかしGoogleは、人がADEを探すのではなく、ADEが患者に向って移動する方式を目指した。ADEを4分早く使えば、2万人の命を救える。

GoogleはADEをドローンで空輸するシステムを緊急医療隊などに提案した。しかし、反応は芳しくなく、緊急医療隊はこの方式は使えないとの見解を示した。一般利用者がADEを使う技量はなというのがその理由。GoogleはADE空輸プロジェクトを中止することを決定した。

g415_google_x_review_05

路線変更してドローン開発継続

一方、開発チームはドローンで物資を輸送する方式を模索した。オーストラリアで農場経営者と話した際に、家畜用ワクチンを空輸する需要があることを発見した。ワクチンは冷蔵庫で冷やしておく必要があり、保存期間は限られる。冷蔵保存する代わりに、必要な時にワクチンが空輸されると、非常に便利なことが分かった。今では、農場向けにワクチンなど緊急物資を空輸する方向に路線を変換しドローン開発を進めている。

実社会からの評価

GoogleはProject Wingから多くのことを学習した。プロジェクトはできるだけ早く、実社会と交わることが求められる。プロジェクト開発では、ネガティブな意見は無意識に退けられ、開発者の耳に入りにくい。早い時期に実社会からのフィードバックを得て、間違った方向に進んでいれば修正する。更に、間違ったプロジェクトでは、どの部分を進め、どの部分を撤収するかを決める。Project Wingは早い時期に社会と交わり、ADE空輸開発を中止し、農場向け空輸ネットワークに舵を切った。社内に留まれば問題点発見が遅れるが、利用者とソリューションについて話したことが、今の開発につながった。

g415_google_x_review_06

気球でブロードバンドを構成

ハイリスク・ハイリターンのプロジェクトに取り組むGoogle Xであるが、予想以上に順調に進展したケースもある。Googleはインフラの整っていない地域にネットワークを提供し、40億人がインターネットを使えるようにすることを目指している。これは「Project Loon」と呼ばれ、数千個の気球を6万から9万フィート上空の成層圏に上げ、メッシュを構成し、地上に向って電波を発信する。成層圏では異なる方向に気流が流れ、上下することで位置を決定できる。しかし、実際に運用すると、現実は理論と大きく異なることが分かった。気流が変わる領域では家の大きさ程の気球が激しく揺れる。このため、気球の設計をやり直し、頑丈な作りとした。

気球が墜落する

このプロジェクトを事業化するためには、気球は100日間上空で稼働する必要がある。しかし、当初は5日程度で気球がはじけて墜落した。また、気球からヘリウムが漏れ、チリなどに不時着する事故が相次いだ。なぜ気球からヘリウムが抜けてしぼむのか、その原因が分からなかった。問題解決チーム「Leak Squad」を結成し、ヘリウムの漏れを特定する作業を急いだ。家の大きさ程の気球に石鹸水を塗り漏れを探した。また、センサーでヘリウムの漏れを追跡したが、原因究明には至らなかった。

仮説の提言

あるエンジニアが、気球製造の際に球皮 (気球を覆う化学繊維) の上を歩くのが漏れにつながるのでは、との仮説を提唱した。これを検証するため、普通のソックスを履いた人と、柔らかいソックスを履いた人が球皮を歩いた。この結果、柔らかいソックスでは、漏れが起こらないことを突き止めた。今では気球は上空で6か月間稼働し、事業化に向け大きく前進した。多くの問題を一つ一つ解決しながら、プロジェクトを進めたためである。

Google Glassの成功と失敗

質疑応答でGoogle Glassをかけた人から、グラスに関する質問が出た。Google Glassプロジェクトで、成功した点と失敗した点について尋ねた。これに対してTellerは、成功した点はグラスをExplorerとして世に出し、利用者の評価を受けた点を挙げた。開発者はグラスに対する市場の評価を事前に理解できた。プロジェクトはできるだけ早く、実社会と交わることを実践した。

失敗した点は、ソーシャル・リアクションを予期できなかったこと。カメラ撮影に関連するプライバシー問題を事前に予測できなかった。更に、Google Glassはプロトタイプであるにも関わらず、最終製品であるかのようなメッセージを市場に送った。その結果市場は、Google Glassはプロトタイプなのか製品なのか分からず、混乱を招いた。次期バージョンのGoogle Glassについては、Google事業部門で開発されていると述べたにとどまった。

g415_google_x_review_07

Google Xを卒業したプロジェクト

設立から5年が経過するが、今までにGoogle Xを卒業したプロジェクトは少なくない。人工知能の技法を開発する「Massive Neural Network」プロジェクトは、「Knowledge Graph」に取り入れられた。これはセマンティックな検索技法で、検索結果をズバリ表現する。また、コンタクトレンズで血糖値を測定する「Contact Lens」プロジェクトは、バイオメトリックな情報を収集し、人体を定義するために利用された (上の写真)。コンタクトレンズは大手製薬会社Novartisのアイケア部門Alconで製品化されることとなった。Google Xで開発されたプロジェクトは、Google社内だけでなく、技術内容によっては他社と事業化を進める。

企業や個人の参考になる

Google Xは失敗に飢えている。失敗があるから学習でき、革新的な結果が生まれる。このためにも、社内での開発に留まらず、早い時期に実社会との交わりが重要とする。Googleはこの開発思想を、他社でも技術開発で利用してもらいたいと思っている。更に、個人が難題に挑戦するときにも、Google Xの思想は参考になる。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.