手放し運転のクルマが全米を走る!Teslaが自動運転車を投入

Teslaの自動運転機能「Autopilot」がリリースされた。多くのドライバーはこの機能をいち早くクルマにダウンロードし、自動運転を試している。ドライバーは、ステアリングから手を離し、ハイウェーを運転する。幅が狭くカーブが多い一般道でも手放しで運転している。手放しのまま交差点に突入するドライバーも出てきた。ハラハラするシーンもあるが、米国は自動運転社会の扉を開けた。

g432_tesla_autopilot_01

Teslaの自動運転技術

Teslaは2015年10月、自動運転機能「Autopilot」のリリースを始めた。Autopilotとは、道路に沿って、前の車と等距離を保ち、自動で走行する機能を指す。道路がカーブしていても、クルマが自動でハンドルを切る。方向指示器を操作すると、その方向にレーンを移動する。Teslaは昨年から、自動運転向けセンサーを搭載したモデルを出荷している (上の写真、Model S)。クルマは、レーダー、カメラ、12基の超音波センサーを装着し、高精度ブレーキシステムを搭載している。最新ソフトウェア「Version 7.0」が、これらセンサーを使い自動運転機能を実現する。このソフトウェアのリリースが10月15日から始まった。

g432_tesla_autopilot_02

Autopilot操作方法

Autopilotはステアリング左側のレバー「Cruise Control Lever」を操作して設定する (上の写真)。従来のクルーズコントロールに自動運転機能が付加された構成で、このレバーで自動運転モードのオン・オフや、走行速度を設定する。レバーの先端を押すとAutopilotがスタンバイモードになる。アクセルを踏み希望の速度になったところで、レバーを手前に二回引くと、この速度でAutopilotがオンとなる。前のクルマとの距離を設定するには、レバー先端を回転させる。設定はレベル1から7まであり、数字が大きくなるにつれ車間距離が長くなる。

g432_tesla_autopilot_03

Autopilotがオンになると、インスツルメントパネルに、自動運転モードであることが表示される (上の写真)。中央上部には走行速度 (毎時65マイル) が表示され、その右側のステアリングアイコンが自動運転モードを示す。このアイコンが写真のように水色であれば、クルマはAutopilotで走行している。そうでない時は灰色で表示される。左側の速度計アイコンは、設定速度 (毎時65マイル) を表示する。中央部には道路とクルマが表示され、今の走行状態を示す。写真のように路肩が水色であれば、クルマは道路を認識し、Autopilotで走行していることを示す。前方に他車が走っていれば、クルマのアイコンが表示される。

Autopilotで走行すると

多くのドライバーは最新ソフトウェアをクルマにダウンロードし、早速、Autopilotを使って自動運転を試している。その様子がYouTubeなどに数多く投稿されている。ビデオを見ると、自動運転の要領が体感できる。一方、多くのドライバーはAutopilotがどこまでインテリジェントなのか、その限界に挑戦していることも読み取れる。見ていて手に汗握るシーンも少なくない。

g432_tesla_autopilot_04

あるドライバーは高速道路を手放しで走行している様子をビデオで撮影している。Teslaは両手でステアリングを握るよう通達しているが、ドライバーの多くは手放しで運転している。このケースでは、クルーズ速度を時速70マイルに設定し、Autopilotをオンにして走行した。前にクルマがいない時は、設定速度時速70マイルで走行する。しかし、前にクルマがいる時は、設定された車間距離を取り走行する。両手をステアリングから離しているが、Autopilotで安全に走行できることが分かる。(上の写真はAutopilotをオンにして高速道路を走行している時のイメージを示す。)

g432_tesla_autopilot_05

一般道でAutopilotを使う

このドライバーは一般道で手放し運転をしている様子も記録している。TeslaはAutopilotは高速道路で使うよう通知しているが、ドライバーは一般道でも使っている。このケースでは走行速度は毎時35マイルに設定し、前のクルマと一定の距離を取って走行している。道路は右にカーブしているが、クルマはそれに沿って滑らかに進行する。インスツルメントパネルは、道路が右にカーブしていることを示している。Teslaは一般道でのAutopilotの使用は控えるよう指示しているが、条件が整えば順調に走行できることも分かる。(上の写真はAutopilotをオンにして一般道を走行している時のイメージを示す。)

しかし、クルマがラウンドアバウトに差し掛かったところで、きわどいシーンがあった。インスツルメントパネルには、ステアリングを操作するよう、警報メッセージが表示された。クルマは自動走行できない個所に差し掛かると、赤文字で「Take Over Immediately!」と表示する。このメッセージは、ラウンドアバウトの直前で出され、間一髪のタイミングでドライバーが回避措置をした。Teslaのマニュアルには、交差点や信号機などではAutopilotは使えないことが明記されているが、ドライバーはクルマの限界を試している。Teslaの意図とは異なり、ドライバーは一般道を手放し運転していることも見えてきた。

一般道路での利用

TeslaはAutopilotをハイウェーだけで使うよう指定しているが、一般道でも、交差点などを除くと、ある程度使えることも見えてきた。このため、ドライバーは、一般道でAutopilotを試行錯誤しながら使って運転している。ただ、メーカーが行う試験走行とは異なり、消費者が一般道でAutopilotで手放い運転するのは、危険と隣り合わせであることも事実。これに対して、Teslaは一般道でのAutopilotの利用を積極的に制限する姿勢でもない。一般道でAutopilotの機能を制限するシステムをクルマに搭載している訳でもない。この緩やかな規制の下、ドライバーの判断でAutopilotが使われている。

そもそも手放し運転はできるのか

Teslaは、Autopilotを使う時はステアリングを握ることを求めているが、ドライバーの多くはハンズフリーで運転している。当初、Elon MuskはAutopilotを使う時は、ステアリングから手を離すことができると発言していたため、ドライバーの意識の中にこれが残っている。また、Autopilotという名称から、自動運転技術を連想することも要因となっている。Teslaは、安全対策を強化するとも伝えられている。Autopilotで運転中に、ドライバーがステアリングから長時間手を離すと、警告メッセージを出す仕組みを導入するとの噂もある。この機能はまだクルマに実装されてなく、Teslaはドライバーの様子を見ながら対応を模索しているものと思われる。

道路交通法との関係は

Autopilotを搭載したTeslaには、自動運転車向けの道路法規が必要なのか、議論されてきた。結論としては、現行の道路交通法でカバーできることとなった。このため、Autopilotモードで運転する際は、現行の道路交通法に従うことになる。ドライバーとしては、Autopilotを運転するために、特別な試験を受けるは必要ない。

では、ドライバーがAutopilotで手放し運転した際は、道路交通法に違反するのかが気になる。カリフォルニア州の場合は、道路交通法によると、クルマを運転中に両手をステアリングから離すことは違法ではない。このため法規上は、カリフォルニア州でTeslaをハンズフリーで運転しても、警察に捕まることは無い。ただ、司法当局の公式な見解は無く、今後の判例を待つことになる。(ニューヨーク州はハンズフリーの運転を禁止している。Autopilotを使っても、両手でステアリングを握ることが求められる。)

米国運輸省も注視している

そもそもAutopilotを搭載した車両は安全なのか、連邦政府が目を光らせている。米国運輸省で車両の安全性を監督する「NHTSA」 (National Highway Traffic Safety Administration) は、Teslaの動向を注視している。もし、Autopilotで車両に起因する問題が発生すれば、Teslaに対して改善を求めることになる。重大な問題であれば、Teslaに対してリコールを命じることになる。また、Autopilotに起因する重大事故が起これば、Teslaのイメージダウンは避けられない。Teslaは大きなリスクを承知でAutopilotのリリースに踏み切った。

なぜリスクを承知でベータ版をリリースするのか

Teslaは公開したAutopilotはベータ版と表明している。最終製品ではなく、その手前の状態であるという認識だ。ソフトウェアのベータ版は理解できるが、人間を運ぶクルマにこれを適用するのは、違和感を覚える。自動車メーカーは安全性を最重視するが、TeslaのカルチャーはIT企業であることの表れかもしれない。Teslaは敢えて、ベータ版ソフトウェアVersion 7.0をリリースしたが、そのわけは車両のBig Data解析にある。

Teslaは、ドライバーが運転するクルマの走行状態を、リアルタイムで収集すると公表している。現行のクルマに加え、Autopilotモードで走行しているクルマも含まれる。収集したデータから、システムは学習を繰り返し機能を向上する。これ以上の説明は無いが、AutopilotはBig Dataの手法でAutopilot運転データを解析し、Machine Learningの手法で学習を繰り返すと思われる。Autopilotを利用しているユーザ数は公開されていないが、Google自動運転車の台数よりけた違いに多い。つまり、Teslaは自動運転技術に関する大量のデータを収集し、それを開発に反映できる。データ量が多いほど、有益な知見を得る。このため、ベータ版で未完の製品であっても、早く市場に投入し大量のデータを収集することが、自動運転技術開発で他社に先行できる武器となる。Teslaが、大きなリスクを覚悟で、Autopilotを市場に投入した意味はここにある。

g432_tesla_autopilot_06

Teslaと並走する際はちょっと気になる

Autopilotを使ってハンズフリーで一般道を走行しているビデオを見て以来、路上でTeslaに出会った際は、ドライバーはステアリングを握っているのか確認している。上の写真のケースでは、右斜め前のTeslaのドライバーは年配の女性で、両手でステアリング握って安全に走行していた。しかし、シリコンバレーには、技術マニアのTeslaドライバーが少なくない。Autopilotの限界に挑戦しているドライバーも出てくる。車線のペイントがはがれるなど、何らかの理由でAutopilotが車線を認識できない時は、自動走行機能がオフになる。これに応じて、ドライバーが的確にクルマを操作すれば問題は無いが、対応が遅れると事故につながる。危険なシーンに遭遇したことは無いが、米国のクルマ社会が、自動運転モードに入っていくのを肌で感じる。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.