Googleは自動運転技術会社「Waymo」を設立、開発から事業化に向け大きく舵を切る

Googleは自動運転車部門をAlphabet配下の独立会社とすることを発表した。新会社の名前は「Waymo」で「a new way forward in mobility (モビリティへの新ルート) 」を意味する。発表と同時に新会社のロゴ「W」に衣替えをした試験車両が登場し、シリコンバレーで試験走行を始めた (下の写真) 。

出典: VentureClef

研究開発から事業推進へ

自動運転車部門の最高責任者John Krafcikが2016年12月に発表した。自動運転車開発はGoogle研究所「X」で行われてきたが、これからはAlphabet配下の独立企業として継続される。今までは研究開発という色彩が濃かったが、これからは事業として評価されることになる。Waymoが開発する技術は、個人向けの車両だけでなく幅広い分野で使われる。ライドシェア、貨物運輸、公共交通のラストマイルなどが候補に挙がっている。

Fiat Chryslerとの提携

Googleは2016年5月、Fiat Chryslerと共同で自動運転車を開発すると発表した。同社のプラグインハイブリッド・ミニバンChrysler Pacifica (下の写真) に自動運転技術を搭載し試験走行を展開する。Krafcikは、次世代センサーをこれら車両に搭載しており、開発が順調に進んでいることを明らかにした。一方、Bloombergは、2017年末までにChrysler Pacificaをベースとする自動運転車でライドシェアサービスを始めるとしている。Waymoはこれに関しコメントしていないが、来年には自動運転タクシーが登場する可能性もある。

出典: Waymo

自動運転車開発を振り返る

Googleは2009年から自動運転車を開発してきた。当初はToyota Priusをベースとする車両で (下の写真)、完全自動運転車の開発を目指した。目標はドライバーが操作することなく100マイルを自動走行することであった。カリフォルニア州でこのコースを10本設定したが、数か月後には目標を達成した。

出典: Waymo

技術開発を本格的に展開

2012年にはLexus RX450hを投入し、フリーウェイで自動運転技術を開発した。開発は順調に進み、このクルマをGoogle社員に貸し出し試験を続けた。この頃、Googleは自動運転車を商用化するめどが立ち、研究開発を本格化させた。自動運転車を市街地で走らせ、歩行者や自転車や道路工事作業員などに交じって走行試験を始めた (下の写真) 。

出典: Waymo

Googleが自動運転車をデザイン

2014年にはGoogleが自動運転車の車両を設計した。これは「Prototype」 (下の写真) と呼ばれ、自動運転車のあるべき姿を具現した。PrototypeはGoogleが開発したセンサーやプロセッサーを搭載し、社内にはステアリングやブレーキ・アクセルペダルはない。完全自動運転を意識したデザインとなっている。

出典: Waymo

Paint the Town

2015年には市街地でPrototypeの走行試験を始めた。Lexusベースの自動運転車と共に、Mountain View (カリフォルニア州) とAustin (テキサス州) で試験走行を展開。Prototypeの側面には市民がデザインした街の風景がペイントされた (上の写真)。これは「Paint the Town」というプロジェクトでPrototypeが街や市民になじむことを目指した。

公道での初めてのソロ走行

2015年にはAustin市街で完全自動運転技術の実証実験が行われた。視覚障害者がPrototypeに一人で搭乗し、目的地まで走行した。Prototypeが市街地で走行試験を行う際には、Googleスタッフが搭乗し自動運転をモニターし、緊急の際は運転を取って代わる。この実証実験ではGoogleスタッフは搭乗しないで、公道での初めてのソロ走行となった。このデモは完全自動運転車が非健常者や高齢者の足代わりになることを示した。

200万マイルを完走

2016年には自動運転車の走行距離が200万マイル (320万キロ) を超えた (下の写真)。試験走行場所はKirkland(ワシントン州)とPhoenix(アリゾナ州)が加わり四か所となった。Kirklandは年間を通じ雨が多く、Phoenixは砂漠の気候である。自動運転車を様々な環境で試験する試みが進んでいる。そして2016年12月、開発部門はGoogleからAlphabetに移り、Waymoとして独立した。

出典: Waymo

自動運転車の残された課題

Waymo自動運転車は200万マイルを走行し多くの課題を解決してきた。これからは複雑な市街地を安全に走行できる技術の習得が目標となる。これは「Final 10%」と呼ばれ、残された10%の分部の開発が一番難しく、時間を要する部分となる。自動運転車は既に高度な運転技術を習得している。状況の認識能力が上がり、緊急自動車や道路工事現場などを把握できる。これにより、レーンが閉鎖されていても、道路が通行止めになっても、自動運転車は対応できる技術を習得した。

自然な運転スタイル

これからの自動運転車の課題は自然な運転スタイルの学習にある。自動運転車が加速するとき、また、ブレーキを踏むとき、どれだけスムーズに操作できるかが重要なテクニックとなる。また、他車や歩行者との距離感や、カーブを曲がる速度や角度を学んでいる。これらは微妙な運転テクニックで、乗客が安心して乗れる技術を学習している。

出典: VentureClef

ソーシャルインタラクション

自動運転車は他のドライバーや歩行者とのInteraction (意思疎通) を学習している。例えば渋滞しているレーンに入るとき、隣のクルマが前に入れてくれるかどうかの判断を迫られる。もし、入れないと判断するとスピードを落とすなどの処置が必要となる。自動運転車は他車の進路や速度や意図を高精度で予測し、追い越しや割り込みのテクニックを学んでいる。同時に、自動運転車は自分がどうしたいのか、その意図を他車に伝える技術も学んでいる。(上の写真は隣のレーンを走るWaymo自動運転車。)

自動運転車の事業化が一気に進むか

Alphabet最高経営責任者Larry Pageは自動運転車を早く事業化することを求めている。一方、開発サイドは完全自動運転車の開発には一定の時間がかかるとしている。Pageは完全自動車の完成を待てばビジネスチャンスを逃してしまうとの危機感を持っている。半自動運転車として製品化することを強く求めているとも伝えられる。Waymoとして収益が求められる中、自動運転技術が最終製品として早期に登場する可能性が高まった。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.