AIのグランドチャレンジ、人間のように会話するチャットボットの開発

Amazonは会話するAIの開発コンペティション「Alexa Prize」を開催した。目標は20分間会話できるチャットボットを開発することで、22か国から100を超える大学チームが技術を競った。初年度の2017年は、米国のUniversity of Washingtonが優勝した。

出典: Amazon

コンペティションの目的

AmazonがAlexa Prizeを始めた理由は、AIスピーカー「Echo」が目指している会話するAIを開発するためだ。AIの中で会話技法は極めて難しく、永遠に目標に到達できないという意見もある。AmazonはAlexaでこの技術を探求しているが、大学に参加を呼びかけ、若い頭脳によるブレークスルーを期待している。

Socialbotを開発

Amazonは会話するAIを「Socialbot」と呼んでいる。Socialbotとはチャットボットとも呼ばれ、AlexaのSkill (アプリに相当) に区分される。SocialbotはEchoを介し、幅広い話題で利用者と音声で会話する。話題としては、芸能、スポーツ、政治、ファッション、テクノロジーが対象で、人間とスムーズに対話が進むことがゴールとなる。

判定基準

参加大学はAmazonが提供するボイスアプリ開発環境 (Alexa Skills Kit) を使ってSocialbotを開発する。審査員がSocialbotと20分間会話し、会話能力を採点する。具体的には、Socialbotが話題に一貫性を持ち(Coherently)、相手を惹きつける(Engaging)能力などが評価される。但し、これはTuring Test (AIが人間のふりをする能力の試験) ではなく、あくまで会話能力が試される。

Socialbotと会話してみると

上位3チームのSocialbotは公開されており、Amazon Echoから会話することができる。実際に、Socialbotと話してみたが、技術は未完で会話はたどたどしい。しかし、Socialbotが話す話題は興味深く、話術も感じられ、会話に惹きつけられた。人間レベルに到達するにはまだまだ時間がかかるが、大きな可能性を秘めていることを実感した。

会話シーンのサマリー

優勝校のSocialbotとの会話は次のように進行した。Amazon EchoでSocialbotを起動すると、Socialbotは冒頭で挨拶 (「調子はどうですか?」) をしてから会話に入った。この技法は「Icebreaker」と呼ばれ、いきなり会話に入るのではなく、堅苦しさをほぐしてくれた。

興味ある話題を提示

ほぐれたところで、Socialbotは会話の話題を提示した。「休暇や人工知能や・・・の話をしましょうか?」。これは「Topic Suggestion」と呼ばれる技法で、相手の興味をそそる話題を提示する。Socialbotとは初対面なので、一般に受け入れられる話題が示された。

出典: Amazon

最新の面白い話題を紹介

この問いかけに「人工知能」と返答すると、Socialbotはとっておきの面白い話を聞かせてくれた。「Facebookは利用者が投稿する写真からその人の感情を推測するAIを開発している・・・」。これは「Knowledge Ingestion」という技法で、Socialbotは最新の話題を常に取り入れ、会話でうんちくを披露し相手を惹きつける。人間の会話と同じように、フレッシュな話題が相手を惹きつける。

意地悪な質問

これに対して少し意地悪な質問をした。「どういう仕組みなの?」と尋ねると、Socialbotはこちらの質問を復唱した。Socialbotが、こちらの質問を正しく理解していることが分かり、少し気持ちよく感じた。

掘り下げて説明

しかしSocialbotはこの質問には回答できなかった。「I ask myself the same question」と返答した。相手が興味を持っていることを掘り下げて説明することを「Deep Dive」という。Deep Diveすることで話が深くなり対話が進む。ただし、このシーンではうまくいかなかった。

対話をリードする

Socialbotはこれにもめげず、「人工知能の話を続けますか」と質問してきた。これは「Leading Conversation」と呼ばれる手法で、会話のトピックスを示し、対話をリードする。会話がとん挫しそうになったが、これに対し「Yes」と回答し、人工知能の話題がさらに続いた。

出典: Amazon

話題が展開する

その後、Socialbotは「クラウドの友人が興味深いアドバイスをしてくれたが、聞きたい?」と興味をそそる。「Yes」と答えるとその話を始めた。「過酸化水素が入ったホワイトニングを使って歯磨きしたあとは、数分間そのままでいると効果があるよ」と生活のコツを紹介してくれた。「この話より人工知能に興味ある」と言ったが、この発言は無視され、Socialbotはホンジュラスの大統領選挙の話を始めた。

全体の感想

こちらの発言を無視されると、Socialbotであると分かっているが、あまり快く感じない。また、会話の話題が急に変わると、どうしたのかと不安を覚える。まだSocialbotが人間のように会話できるとは言い難いが、会話の内容は興味深く、対話時間は13分に及んだ。20分がゴールであるので、まだ研究開発は続く。

システム構成

SocialbotはAmazonのボイスアプリ開発環境で開発された。学生チームは、Amazonが提供している音声認識 (Automatic Speech Recognition、声をテキストに変換) とスピーチ合成 (Text-to-Speech、テキストを声に変換) を使うことができる。こちらが喋った言葉をシステムが認識し、Socialbotの発言は聞きなれたAlexaの声となる。

会話技術の開発

チームはその中間の会話技術を開発し、その技量が試験される。スムーズに会話するのは勿論であるが、Socialbotの話術やキャラクターなども開発目標となる。Socialbotが興味深い話題を話すだけでなく、自分の主張を持ち意見を述べることも視野に入る。更に、相手の言葉に対してジョークで返答すると完成度がぐんと上がる。

来年に向けて

Amazon EchoやGoogle Homeの爆発的な普及で会話するAIがホットな研究テーマになっている。企業で開発が進むが、大学の研究にも期待がかかっている。自動運転車は大学間のコンペティションで開発が一気に進んだ。Alexa Prizeは2018年度も計画されており、会話するAIはどこまで人間に近づけるか、グランドチャレンジが続く。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.